地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、香取の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

香取の地域情報サイト「まいぷれ」

”東の匠SPF豚”を使用した「ねぎソーセージ」 千葉商科大学の学生が開発!!

 まいぷれ香取編集部のニュース

”東の匠SPF豚”を使用した「ねぎソーセージ」 千葉商科大学の学生が開発!!
千葉商科大学人間社会学部生が、香取郡東庄町で生産されている「東の匠SPF豚」と、豚肉を加工している「フードショップいちはら」が仕入れている千葉県産のねぎを使用したねぎソーセージを開発!
(ねぎは冬季限定で「さんぶ野菜ネットワーク」(山武市)が有機栽培で生産する山武市産のねぎを使用します。)

ソーシャルビジネスやまちづくりに取組む勅使河原隆行准教授のゼミナールでは、千葉県内の地域活性化イベントへの参画、地域の銘品を広めることを目的とした商品開発などの活動を通じ、地域課題の理解とその解決方法を実践的に学んでいます。

地域活性化を目指して開発されたねぎソーセージ、食べてみたい!!
みなさんもぜひ味わってみては?

「ねぎソーセージ」販売情報
・コミュニティスペース&カフェ「Cocokara(千葉県山武市松尾町大堤52-12)」で11月12日(月)から常設メニューとして提供を開始します。(販売価格未定)

・11月3日(土・祝)~4日(日)に開催される千葉商科大学の学園祭「瑞穂祭」の模擬店に出店します。

・11月11日(日)に開催される「さんむあららぎフェス」のグルメブースでも販売します。

こちらもご覧ください♪


最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。